カテゴリから選ぶ

水中ドローン 

ドローンといえば一般的には空中を飛ぶ無人航空機を指しますが、機体を操作し水中を撮影できる「水中ドローン」も注目されています。それぞれの特徴や性能比較からおすすめの機種をご紹介します。

特集_カメラ_水中ドローン9

水中ドローンとは

空中用と同じように機体を遠隔で操作し、水中で撮影します。防水デジカメと比較すると潜水性能が高く、活用範囲が広いのが特徴です。

水中ドローンの用途・出来ること


・水中撮影...4K対応の機種も多く水中の世界を美しい映像で残すことができます

・海底調査...生態調査や災害後の現場確認などに役立ちます

・点検...船底や養殖場の網など水中から設備をチェックすることが可能です

・ダイバーのサポート...ダイビングの事前確認や入れない空間を調査

・釣りのサポート...魚群探知機能が搭載されている機種であれば魚を確認しながら釣りができます

特集_カメラ_水中ドローン19

水中ドローンの活用効果・メリット


・ダイバーの潜水調査にかかる費用のコストカット、人手不足の解消

・無人機による調査の為、人命のリスク低減による安全面の確保

・ダイビングでの撮影よりブレが少なく安定した撮影を行いやすい

・点検、調査の正確性の向上

特集_カメラ_水中ドローン20

水中、水上ドローン 商品一覧

ビックカメラでは空撮用と同様に水中ドローンも取り扱いしています。形は魚型や箱型など多様で、水圧に耐える為に空撮ドローンより頑丈な作りとなっています。

PowerRay

4Kカメラでの水中撮影はもちろん、搭載されたソナー(魚群探知機)により釣りのサポートも可能。レジャー・ビジネスの両面で活用できます。

特集_カメラ_水中ドローン1 PowerRay商品ページ
FIFISH P3

1インチのCMOSセンサーと8段階の輝度調整が可能な強力LEDライトを搭載。暗い環境下でも鮮明な映像をサポートします。

特集_カメラ_水中ドローン2 FIFISH P3商品ページ
CCROV_SP 75M

キューブ上のデザインに産業用に特化した技術を集約。テザー展開システムと呼ばれる独自の機構により、ケーブルを介してバッテリーを地上で交換できる。

特集_カメラ_水中ドローン3 CCROV_SP 75M商品ページ
BIKI

背面の尾部で駆動する魚型の水中ドローン。小型ながら水深約60Mまで潜ることが可能。防振ジンバルを内蔵しているため、画像/動画のブレが軽減されます。

特集_カメラ_水中ドローン6
BIKI商品ページ
GLADIUS ADVANCED PRO

最大深度100m!最大通信ケーブル100m!作業範囲の広い水中ドローン!専用コントローラーでゲーム感覚での操作が可能。

特集_カメラ_水中ドローン7 GLADIUS ADVANCED PRO商品ページ
PowerDolphin

●4K撮影が可能な水上ドローン●距離800m範囲でのリアルタイム映像伝送 ●ダブルジョイント式可動カメラ●航路選定機能と自動帰航

特集_カメラ_水上ドローン1 PowerDolphin商品ページ

水中ドローン おすすめ2選

レジャーで楽しめるものからダイビングや釣りのサポート、点検・調査などで活躍できる水中ドローンは、市場でも注目されていてラインナップも増加中。その中からおすすめの2機種をご紹介します。

PowerRay(Wizard)

用途:レジャー・ビジネス・釣り

魚群探知機やVRゴーグルが標準装備の水中ドローン。お手持ちのスマートフォンやタブレットに専用アプリをダウンロードすれば、簡単に水中の撮影ができます。釣りのサポートだけでなく、レジャーで水中に潜らずにダイビングを映像として楽しめたり、海中の調査・研究にも活用できます。

アプリ/VISION+
特集_カメラ_水中ドローン13

リアルタイムで水中映像を表示し、魚群探知機情報の取得やカメラパラメータの設定が可能。アプリ内の操作モードの切り替えで体感的にを操縦することができます。

魚群探知機
特集_カメラ_水中ドローン14

魚群探知機は単体での使用も可能。対応アプリで海底の魚や水温、水深、地形をリアルタイムで監視ができます。

VRゴーグル
特集_カメラ_水中ドローン15

没入型の専用VRゴーグルに対応。まるでダイビングをしているような気分を味わえます。

BIKI

用途:レジャー

150°の広角レンズを搭載し、1600万画素/4Kに対応した魚型水中ドローン。水深60Mまで美しい水中の景色を楽しむことができます。デュアルコントロールに対応し、水上からはスマートフォンのアプリで操作、水中では電波が通りにくい為、超音波リモコンを使って操作します。また、アプリで描いた水中ルートを自動で泳がせることも可能です。

赤外線による障害物回避
特集_カメラ_水中ドローン10

赤外線により30cm以内の障害物を感知して、自動で避けることができます。

GPSを使った帰還機能
特集_カメラ_水中ドローン11

内蔵のGPSを使い、コントロールを失った場合でも、自動的にベースに戻ります。

ボディと一体化したジンバル
特集_カメラ_水中ドローン12

ジンバルの高精細モーターによってブレを安定させます。

詳しくは弊社営業担当までお問い合わせください

↑ページトップへ