【2022年】音声翻訳機のおすすめ 海外旅行や海外出張に人気のアイテム

 

音声翻訳機を使っているイメージ

音声翻訳機は外国語で会話をしなければならないシーンや、初めての海外旅行で単語がわからず不安な方におすすめのアイテムです。日本語を話すだけで瞬時に翻訳されるのでスムーズな会話が可能。海外旅行や海外出張で使うのはもちろん、外国語を学ぶための学習ツールとしても人気です。そこで今回は、翻訳機の選び方とおすすめ商品をご紹介します。

音声翻訳機選びのポイント

対応言語

音声翻訳機選びのポイント 対応言語

翻訳機の対応言語は、機種によって違いがあります。英語や中国語など数カ国の主要言語に対応しているモノや、70言語以上の言語に対応するモノもあるのが特徴です。

海外旅行で使用する場合、主要言語が通じる観光地であればそこまで対応言語が多い必要はありません。しかし、海外出張などでさまざまな国に行く場合は、対応言語が多いモノを選ぶと安心。使用する国の言語に対応しているかが特に重要なポイントとなります。

双方向翻訳機能の有無

音声翻訳機選びのポイント 双方向翻訳機能の有無

音声翻訳機には、日本語から外国語のみに変換できる“一方向”のモノと、日本語から外国語・外国語から日本語の“双方向”で変換できるモノの2種類があります。

道を尋ねる程度であれば一方向のみの翻訳でも問題ありませんが、目の前の相手とスムーズにコミュニケーションを取りたいのなら双方向翻訳機能が備わった製品を選ぶのがおすすめ。CDや動画の音声を聞き取って語学学習をすることもできます。

オフラインとオンライン

翻訳スピードはオフラインがおすすめ

音声翻訳機選びのポイント オフラインとオンライン オフライン

オフラインの音声翻訳機は、本体に内蔵されている翻訳エンジンを利用して即座に言語の変換を行えます。日常会話など簡単な会話をする場面で、翻訳スピードを重視するときは、オフラインのモノを選ぶのがおすすめです。

オフラインタイプの音声翻訳機は、インターネットに接続できない場所でも使えるのがメリット。しかし、翻訳の精度や対応する言語数はオンラインのモノに劣る傾向にあるので、利用目的と照らし合わせながら選択しましょう。

翻訳精度はオンラインがおすすめ

音声翻訳機選びのポイント オフラインとオンライン オンライン

高い翻訳精度を求めたい方は、オンライン翻訳機がおすすめです。オフライン翻訳機は翻訳エンジンを内蔵している一方、オンライン翻訳機はクラウド上のエンジンを使用しています。SIMやWi-Fi通信などを使用して、インターネット上のデータベースから最適に訳す仕組みです。

Wi-Fiや電波の弱い場所では、翻訳の再生に時間がかかることがありますが、翻訳技術がどんどんアップデートされて言語の収録数も多くなるので、高精度な翻訳ができます。

“AI”でより正確に翻訳する

“AI”でより正確に翻訳する

ビジネス用途など、相手とより正確に会話を行いたい場合は、AIに対応した音声翻訳機を選ぶのがおすすめ。インターネット上に蓄積された膨大なデータを参照して翻訳結果を返すため、センテンスが長い文面や会話でもスムーズに訳せます。

AIの機能を利用するには、対応した製品を選ぶ必要があるほか、インターネットへの接続が必須。活用すれば、最新の翻訳データでより正確な会話ができます。

ディスプレイ

音声翻訳機選びのポイント ディスプレイ

液晶ディスプレイがついている翻訳機は、画面に翻訳のテキストを表示することができます。翻訳された音声が聞き取れなかったときにディスプレイに文字を表示したり、話した内容がちゃんと翻訳されるか動作確認をしたりすることが可能。英会話学習にも役立ちます。

一方で、ディスプレイがついていないタイプの翻訳機は、ボタンを押して話すだけのシンプルな操作のモノが多く、機械の操作が苦手な方におすすめです。

音声翻訳機のおすすめ

ソースネクスト「ポケトーク S」PTSG

ソースネクスト「ポケトーク S」PTSG

カメラ翻訳機能を搭載した音声翻訳機。55ヵ国の表示言語に対応し、翻訳結果の画像を最大100枚まで保存できるのが特徴です。複数の言語が同時に表示されていてもそれぞれの言語で変換できます。

また、「AI英会話レッスン」機能を搭載。AIを活用して、6つのシーンと36のレッスンで英会話の練習を行えます。さらに、金額や単位を換算できる機能が備わっているなど、翻訳以外の用途でも旅先で使いやすいのが魅力です。

ランゴーゴー「Langogo Genesis」

ランゴーゴー「Langogo Genesis」

1秒以内と通訳の速度が高速な音声翻訳機です。ワンボタンで手軽に通訳できるため、機械が苦手な方や初心者の方にもおすすめ。「グローバル e-SIM」を搭載しているので、92ヶ国でローミングなしで使えます。

「オフライン通訳機能」を備えているため、日本語・英語・中国語・韓国語をオフラインで通訳可能。最大6台接続できるWi-Fiルーター機能も搭載しています。非常にコンパクトなため、スマホ感覚で持ち運べるのもポイント。ノイズキャンセル機能を備えた「デュアルマイク」も採用しています。

テスプロ「Mayumi3」MU00103

テスプロ「Mayumi3」MU00103B

グループ翻訳にも対応した音声翻訳機。オンライン・オフラインのどちらでも、中国語・英語・韓国語の3言語が日本語と双方向翻訳を行えるのが特徴です。「OCR翻訳」や「カメラ翻訳」を利用すれば、新聞や雑誌、地図の文字を画面上で瞬時に翻訳できます。

また、「Mayumi3」もしくは「Mayumi2」を持っている人同士でグループ会話を行うことが可能。75か国語に対応し、多国籍な会議で役立ちます。録音機能を使えば、ボイスレコーダーとして使えるのもポイントです。

音声翻訳機の売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでの翻訳機の売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

翻訳機のランキングを見る

担当者からひとこと

対応言語や使用用途もさまざまな音声翻訳機。まずは自分がどの国で使いたいのか、どのように翻訳を行いたいのかを明確にしてから製品を選択しましょう。今回ご紹介した製品を参考に、自分にぴったりの音声翻訳機を見つけてみてください。

すべての音声翻訳機を見る

詳しくは弊社営業担当まで
お問い合わせください

↑ページトップへ