カテゴリから選ぶ

電子ノート DPT-RP1 DPT-CP1

電子ペーパーの特徴

長所

  • 書き換え以外で電池を消耗しない為、電池が長持ち
  • 紙に近いくっきり高コントラストで見やすく、目が疲れにくい

短所

  • ページ書き換えに少しだけ時間が掛かるので動画には向きません
  • パネル自体は発光しない為、暗いところでは見られません

本製品で出来ない事

  • 電子書籍の購入機能や著作権保護(DRM)付き書籍や文書は非対応
  • 動画や音楽、Webブラウジング等のエンターテイメント関連

電子ペーパーを利用するメリットは、電池が長持ちする事と大量の文書を軽量コンパクトに持ち運べることです。
電池切れしにくい事は、プロのツールとして現場で問題なく動作する確実さを提供します。

容量1MBのPDFなら1万ファイルを持ち運びでき、大量の図面や仕様書、カタログなどをこれ1つにまとめられます。

さらに、これらの文書に書き込みができ、配布された資料にメモを追加するなど会議やセミナーでも活躍します。

大量の文書を常に持ち歩ける

内蔵メモリーに、約10,000ファイルのPDF文書を保管可能(*1) 。キャビネットや引き出しを埋め尽くしていた大量の書類を、薄くて軽いこの1枚に保存し、いつでも、どこでも持ち歩くことができます。

*1 約1MBのPDFファイルを1ファイルとし、内蔵メモリーに保存した場合

長時間使用

フル充電で約3週間(*1)使用可能

電力消費が極めて少ないことも、デジタルペーパーの特長です。画面の切り替えや手書き入力など以外は、ほとんど電力を使わないため、バッテリー切れを心配せずに使用可能。約3.5時間(*2)でフル充電となり、約3週間(*1)使えます。

*1 Wi-Fi機能オフ、Bluetooth(R)機能オフの状態で、PDFドキュメントを1日60分間、30ページを閲覧、閲覧中にペンによる書き込みを計1分間行った場合。なお、使用時以外は本体をスリープモードに入れることとします
*2 推奨ACアダプターAC-UUD12で充電を行った場合

安心のセキュリティー

画面ロックとデータの暗号化で盗み見や情報漏えいを防止

設定した時間が経過すると、画面を自動ロック。これにより勝手な操作や盗み見を防げます。また、欧米の暗号規格に準拠した方式で、本体内のデータを暗号化することで情報漏えいを防止。さらに、Digital Paper Appとペアリングされた端末間でしか文書ファイルの交換ができない仕組みのため、USBインターフェースからの不用意なデータ抜き出しを防止し、機密性の高い文書も安心して保存することができます。

NFCによるロック解除機能

FeliCaカードやおサイフケータイをデジタルペーパーにかざすことでロック解除が可能。普段から使っているFeliCaカードや、おサイフケータイ対応のスマートフォン・携帯電話を登録すれば、より便利に手軽に活用できます。

※ おサイフケータイ対応のスマートフォン・携帯電話は、各キャリアのサイトをご確認ください

パソコンとの連携で、利便性と効率性を発揮「Digital Paper App」

パソコンに「Digital Paper App」をインストールして、デジタルペーパーとペアリング。それによりUSBケーブルやWi-Fi経由、Bluetooth(R)通信によるピア・ツー・ピア接続で、PDF文書の相互転送を簡単に行うことができます。また、複数のパソコンとのペアリングも可能。たとえば、デスクトップPC内の文書をデジタルペーパーに転送し、外出先で添削のうえ、モバイルPCからメール送信するなど、場所にしばられない自由なワークスタイルが実現されます。

※ パソコンのご利用環境(セキュリティーソフト/ファイアウォールなど)の設定によってはDPT-RP1と接続できない場合があります

移動先で文書を活用する「Digital Paper App for mobile」

スマートフォン連携でいつでもどこでもワークできる

「Digital Paper App for mobile」(*1)がインストールされたスマートフォンとデジタルペーパー間で簡単に文書ファイルをやりとりすることが可能です。例えば、スマートフォンで検索・ダウンロードしたPDFファイルをデジタルペーパーに素早く送って閲覧できます。またデジタルペーパーで手書きしたメモの内容をスマートフォンに渡して、クラウドサービスで共有したり、メール添付で送信する、といった使い方もでき、場所を選ばないワークが実現します。NFC(*2)を搭載したスマートフォンなら、デジタルペーパーにかざすだけのスマートな操作で接続が行えます。

*1 タブレットには対応しておりません
*2 NFC機能非搭載のスマートフォンもDigital Paper App for mobileをお使いいただけます

デジタルペーパーに印刷する

パソコンから印刷するようにデジタルペーパーにワイヤレス出力

パソコンで文書を作成し、印刷メニューからデジタルペーパーに“印刷”。まさに、プリンターで紙に印刷する感覚で文書を自動でPDFに変換し、転送できます。デジタルペーパーなら、スタイラスペンで手書きできるため、校閲や添削の際、紙に印刷する必要がなくなり、ペーパーレス化に貢献します。

※この機能はWindows10とmac OSにのみ対応しています。

保管した文書を活用する

ファイルサーバーやクラウドストレージとつながる

文書ファイルを保管しているパソコン上のフォルダーを「Digital Paper App」で登録しておけば、都度、ファイルの出し入れの操作をすることなく、手軽にデジタルペーパーとの間で文書を同期させることができます。同期フォルダーは複数設定可能なので、日頃利用するファイルサーバーやクラウド上のストレージサービスなどとの連携も容易です。この機能を使えば、さまざまな機器間での文書ファイルの閲覧・共有はもちろん、文書ファイルのバックアップにも役立ちます。

※ ファイルサーバーやクラウドストレージとパソコン間の同期は、それぞれの製品やクラウドストレージサービスが提供する機能をご利用ください

文書を並べて作業する

広い画面を活用し、2画面で効率的に作業できる

多彩な2画面表示機能を搭載。文書を見比べる、異なるページを参照する、文書を読みながらノートに書き込む、見開きの文書を閲覧するなど、読む・書く仕事がはかどります。

アイデアをノートに残す/検索して活用する

どんどん増やせるデジタルのノートとして大活躍

大学ノート、方眼罫、スケジュール帳など、7種類をプリセット。さらに、普段仕事で使用している帳票や記入用紙などのPDFを、ノートのテンプレートとして登録することもできます。

「マーク」を手書きしておけば、読みたいページを検索し、すぐに開ける

文書を読んでいて「ここが大切」「ここを後で読みたい」と思ったら、☆や*のマークをさっと手書き。ページ数の多い文書でも、マークを付けた箇所を素早く開けます。ファイル名などのキーワードによる文書ファイルの検索機能と組み合わせれば、読みたい文書をストレスなく検索し、閲覧することができます。

商品一覧

電子ノート

白い紙に黒インクで印刷したように、はっきりと読みやすい
まるで印刷物のように文字や図をくっきり表示できる電子ペーパーを採用。液晶ディスプレイのようにバックライトがないので眼にやさしく、長時間読んでも疲れにくいことや、屋外で反射を気にせず読めるのも電子ペーパーの特長です。また、拡大して読みたいポイントは簡単な操作で瞬時に拡大表示も行えます。

  • ソニー
  • DPTCP1 デジタルペーパー DPT-CP1
  • \69,800(税別)
  • 紙のように読める/書き込めるデジタルペーパーにコンパクトな「A5サイズ」が登場
    付属:スタイラスペン×1、USBケーブル(約1.5m)×1、替え芯×3、芯抜き×1、ご使用になる前に×1、LIMITED WARRANTY(保証書)×1
    ※ACアダプターは別売りになります。
  • ソニー
  • DPTRP1 デジタルペーパー DPT-RP1
  • \79,800(税別)
  • 読みやすさと書き味を大きく進化させた「A4サイズ」デジタルペーパー
    付属:スタイラスペン、USBケーブル(約1.5m)、替え芯、芯抜き、ご使用になる前に(保証書一体型取説)
    ※ACアダプターは別売りになります。

ペンセット

薄型ノンスリップパネルによる自然な書き味
パネルとペンに適度な摩擦がなければ、ペンが滑って字が上手く書けません。そこで、独自開発の薄型ノンスリップパネルを採用。新開発したスタイラスペンの芯との組み合わせで紙のような書き味を実現しています。芯はフェルト素材(鉛筆風)と樹脂素材(ボールペン風)の2つから選べます。

替え芯

その他

    • ソニー
    • ACUUD12 デジタルペーパー用ACアダプター AC-UUD12
    • \2,100(税別)
    • DPT-RP1、DPT-S1用ACアダプター
      ※本体にACアダプターは付属されていません。
      また、本製品にはUSBケーブルは同梱されていません。
      ご利用時は本体に付属されているUSBケーブルを接続してご利用ください。