※ 表記の価格は法人専用価格です。店舗等と違う場合があります。
  ※ 表記の在庫状況は目安です。納期に関しては、ご依頼後にご案内させていただきます。
  ※ 設置・リサイクル等、別途料金が必要となる事があります。
  ※ 予告無く、売り切れ・販売終了となる場合がございます。
  ※ 受注生産品や小規模メーカー品、少量生産品等は、
      発注時まで納期が確定しない、納期が未定となる場合があります。ご了承ください。

ワーナー ブラザース
エーアイホウカイプレミアムエテブル
AI崩壊 ブルーレイ&DVD プレミアム・エディション
その日、AIが命の選別を始めた。 『22年目の告白−私が殺人犯です−』の監督が《10年後の日本》を描くサスペンス超大作
通常価格 ¥5,710(税別)
JAN:4548967439915 
発売日 2020/05/20  配送在庫 残りわずか      店舗お渡しの在庫を確認
数量
その日、AIが命の選別を始めた。 『22年目の告白−私が殺人犯です−』の監督が《10年後の日本》を描くサスペンス超大作 2030年――わずか10年後の未来。 働ける人間は国民の50%、未来を担う子供は10%未満、残り40%は老人と生活保護者。 国家として崩壊寸前の日本において、AI(人工知能)は、全国民の個人情報、健康を完全に管理し、 人々の生活に欠かせないライフラインとなっていた。だがそんな“人に寄り添う”はずのAIが突如暴走、 年齢、年収、家族構成、病歴、犯罪歴等から人間の生きる価値を選別し、殺戮を始めた!国中が未曽有の大混乱に陥る! AIを暴走させたテロリストとして、警察の捜査線上に浮かび上がったのは、開発者である天才科学者・桐生だった! 彼は自身の開発したAIに対する国の認可が間に合わず妻を亡くした過去をもっていた。 逮捕される寸前に逃亡を図る桐生。追うのは最新のAI監視システムを駆使する警察庁のサイバー犯罪対策課。 AIはなぜ暴走したのか。決死の逃亡劇は予想もしない方向へと進んでいく! 『22年目の告白−私が殺人犯です−』で日本中を熱狂させた入江悠監督が、完全オリジナルで仕掛ける新たな挑戦状。 主役の天才科学者・桐生には世界を舞台に活躍する俳優=大沢たかお、彼を追う天才捜査官に岩田剛典、 すべての鍵を握る有能なAI管理者に賀来賢人、泥臭い捜査で桐生に迫る刑事に三浦友和と広瀬アリス、 桐生の亡き妻に松嶋菜々子のほか、豪華実力派キャストが集結した。予測不能のサスペンスフルな展開、 アクション満載のスピード感にあふれた緊迫の逃亡劇、全編にあふれる圧倒的なリアリティが観る者の胸を容赦なくえぐる。 人を救うために作られたAIはなぜ暴走しなければならなかったのか。 そして極限状態の中であっても揺るがない家族への愛の姿とは――。 破格のスケールと膨大な熱量で描かれる、サスペンス超大作が誕生する。 【ストーリー】 AI暴走のテロ容疑をかけられた天才科学者。 日本中に張り巡らされたAI監視網の中、決死の逃亡が始まる! 2030年。人々の生活を支える医療AI「のぞみ」の開発者である桐生浩介(大沢たかお)は、 その功績が認められ娘と共に久々に日本に帰国する。英雄のような扱いを受ける桐生だったが、 突如のぞみが暴走を開始――人間の生きる価値を合理的に選別し、殺戮を始める。 警察庁の天才捜査官・桜庭(岩田剛典)は、AIを暴走させたテロリストを開発者である桐生と断定。 日本中に張り巡らされたAI監視網で、逃亡者・桐生を追い詰める。桐生が開発したAIを管理していたのは、 桐生の亡き妻でありAI共同開発者の望(松嶋菜々子)の弟、西村(賀来賢人)。 事件の鍵を握る西村も奔走する一方で、所轄のベテラン刑事・合田(三浦友和)と 捜査一課の新米刑事・奥瀬(広瀬アリス)は足を使った捜査で桐生に迫る。 日本中がパニックに陥る中、桐生の決死の逃亡の果てに待っているものとは? 一体、なぜAIは暴走したのか?止まらないAI社会の崩壊は、衝撃の結末へ――。 【映像特典】 ■ 今だから話せる!シーンセレクショ・ビジュアルコメンタリー  (大沢たかお、賀来賢人、岩田剛典、入江悠監督) ■ メイキング・オブ ”AI崩壊” ■ キャストインタビュー ■ イベント映像集 ■ 必見!VFXプロデューサーが語るVFXの舞台裏 ■ プロモーション映像集 (c) 2019映画「AI崩壊」製作委員会

商品スペック
メーカー希望
小売り価格(税別)
オープン
型番 1000764969
ジャンル サスペンス
出演 大沢たかお/賀来賢人/広瀬アリス/岩田剛典/高嶋政宏/芦名星/玉城ティナ/余貴美子/松嶋菜々子/三浦友和
監督 入江悠
公開年 2020年
時間 131分
字幕 日本語
ディスク枚数 3枚
メディア ブルーレイ+DVD
制作国 日本