カテゴリから選ぶ


  ※ 表記の価格は法人専用価格です。店舗等と違う場合があります。
  ※ 表記の在庫状況は目安です。納期に関しては、ご依頼後にご案内させていただきます。
  ※ 設置・リサイクル等、別途料金が必要となる事があります。
  ※ 予告無く、売り切れ・販売終了となる場合がございます。
  ※ 受注生産品や小規模メーカー品、少量生産品等は、
      発注時まで納期が確定しない、納期が未定となる場合があります。ご了承ください。

BENQ
HT3550
BenQ DLP 4K(UHD) ホームシネマプロジェクター HT3550
DLP 4K(UHD) ホームシネマプロジェクター
通常価格 ¥203,700(税別)
JAN:4544438055684 
発売日 2019/05/30  配送在庫 残りわずか      店舗お渡しの在庫を確認
数量
4K(3840x2160)XPRテクノロジー、2,000ルーメン、HDR10&HLG対応、Cinematic color,色再現性約10億7000万色、コントラスト比30,000:1、HDMI端子x2(HDCP2.2対応)、スマートエコ(ランプ寿命最長約15000時間)、3D対応、縦自動台形補正等。


「高いコントラスト」と「自然な発色」に真骨頂。奥行きを覚える自然な描画力

まず『グレイテスト・ショーマン』を冒頭から視聴。逆光にヒュー・ジャックマンが映える場面は、舞うホコリを確認できるほどの緻密な描画に、4Kモデルとしての力を実感。赤い衣装もビビッドで、背景の黒との落差が印象的だ。そして5Wの内蔵スピーカーは、予想以上に聴かせてくれる。

『PAN ネバーランド 夢のはじまり』で浮遊する水泡の間を海賊船が飛ぶシーンは、かなりの高輝度情報が含まれるため、SDRでは雲が白とびしてしまう。HDRでも太陽の周囲など描画が難しい部分はあるが、HT3550はこれを破綻なく見せてくれただけでなく、奥行きを覚えるほどの自然さもあった。

高いコントラストと自然な発色が本機の真骨頂だろうか。暗部階調を出しつつも明るい部分は明るく、鮮やかな描画だった。またDLP特有のカラーブレーキング現象がほぼ気にならない点も感心した。

4K/HDR対応でコントラストが高く、6畳間に置けるほどの短焦点で、レンズシフトと台形補正機能を備え、迫力十分なスピーカーを内蔵、しかも価格は20万円以下。 “4K/HDRで20万円以下” というトレンドを創り出せる可能性は、多いにあるといえそうだ。

文:海上 忍

※AV/オーディオ/ガジェット情報サイト「PHILE WEB」所収記事を短くまとめたものです。

商品スペック
メーカー希望
小売り価格(税別)
オープン
本体サイズ(幅×高さ×奥行)mm 127x 380 x 263mm
本体重量(kg) 4.2kg
リアル解像度 4K(3840×2160)
明るさ(ルーメン)(プロジェクター) 2000ルーメン
コントラスト比 30000:1
スピーカー 有り
入力端子 HDMI端子x2(HCDP2.2対応)
その他端子 オーディオミニジャックx1、USB(Type A)x2、USB(Type miniB)x1、12Vトリガーx1
投写方式 DLP
投写レンズ UHMランプ
無線(プロジェクター) 0