※ 表記の価格は法人専用価格です。店舗等と違う場合があります。
  ※ 表記の在庫状況は目安です。納期に関しては、ご依頼後にご案内させていただきます。
  ※ 設置・リサイクル等、別途料金が必要となる事があります。
  ※ 予告無く、売り切れ・販売終了となる場合がございます。
  ※ 受注生産品や小規模メーカー品、少量生産品等は、
      発注時まで納期が確定しない、納期が未定となる場合があります。ご了承ください。

JBL
JBLL100CLASSICBLK
ブックシェルフスピーカー JBLL100CLASSICBLK ブラック [1本 /3ウェイスピーカー]
往年の銘機をモチーフに最新の技術と音響設計を投入 ブックシェルフ型スピーカー「JBL L100 Classic」
通常価格 ¥221,000(税別)
JAN:4968929029587 
発売日 2018/11/30  配送在庫 残りわずか      店舗お渡しの在庫を確認
数量
■新開発、低音域用ウーファー・ユニット「JW300PW-8」
Project K2 S5800のために開発され、スタジオモニター“4428”、“4429”そして“4312SE”にも用いられたJBL史上最強の12インチ(300mm)ユニット1200FE系ユニットをベースに、最新技術により小音量から大音量まで更なる低歪化を実現。

・最新の技術解析に基づき、磁気回路の各構成部品を見直し最適化することで効率を上げ、誘導インダクタンスを減少させ動作の非直線性を改善。
・JBL独自のSFG磁気回路を構成するショートリングも最新の解析技術を用いて最適化。より厳密な対象磁界を形成。
・ダンパーデザインにも新たな解析技術を応用し、大口径ダンパーを新設計。1200FEに採用のデュアルダンパーよりもさらに大振幅時での動作の対称性を維持。
・リード線の引き出し位置を見直すことで、大振幅時の錦糸線の動きを最適化。ユニットの耐久性を大幅に向上しています。
・高い剛性と動作の安定性を実現した新設計のピュアパルプ・コーンに、より均一に塗布されたアクアプラス・コーティングにより剛性アップとダンピング向上を実現。

■歴代のスタジオモニターに採用され、高い信頼を持つミッドレンジ・ユニット「105H-1」
オリジナル“L100 Century”や“4311”〜“4312”に搭載されていたLE5系ユニットの伝統を受け継ぐボーカルレンジユニットとして、“4312E”/“4312SE”にも搭載された信頼の中音域用ユニットを本機にも採用。

・コーン紙裏面外周部にダンピングを施し、歪みを抑えた質感の高いボーカル再生を果たした軽量パルプコーンを採用。明瞭度を高め、ナチュラル・ボイスに磨きをかけています。
・アコーディオン・クロスエッジが明るく明瞭なJBLサウンドを継承しています。
・耐熱性に優れたKaptonボイスコイルボビン採用の25mm径コッパーボイスコイルと、大型フェライト・マグネット採用の強力な磁気回路により、優れたダイナミックレンジを獲得。さまざまなジャンルのソースに適応する高い再生能力を誇ります。
・伝統のスクエアクル(変四角形)フランジ構造のアルミダイキャスト・フレーム採用。 強力な磁気回路を支えながらバッフルと強固に一体化させることで、優れたレスポンスを生み出します。

■伝統のピュアチタン・ドームツイーター「JT025Ti-4」
JBL伝統の明るく伸びやかなサウンドのために選択された1インチ(25mm)径ピュアチタン・ドームツイーターの最新バージョンを高音域用ユニットとして搭載しています。

・1980年代中旬より、多くのJBLスピーカーシステムの高音域再生を担ってきたピュアチタン・ドームダイアフラムを採用。JBLならではの明るく伸びやかなサウンドを踏襲しています。
・アコーディオン・クロスエッジ採用のミッドレンジとのスムーズなつながりを果たすクロスエッジを採用。
・緩やかなカーブを描くフェースプレートが指向性のコントロールと共にミッドレンジとのクロスオーバー帯域におけるエネルギー改善を果たします。

商品スペック
メーカー希望
小売り価格(税別)
オープン
本体サイズ(H×W×D) mm 390×637×372mm
ウーファー(スピーカーユニット) 12インチ(300mm)径ピュアパルプコーン・ウーファー
感度 90dB
ツィーター(スピーカーユニット) 5インチ(125mm)径+1インチ(25mm)径
本体重量 26.7kg
形式 正面バスレフ、ブックシェルフ型
再生周波数帯域 40Hz−40kHz
インピーダンス
許容入力 200W
クロスオーバー周波数 450Hz、3.5kHz



カラーバリエーション
※一緒にカートに入れる商品にチェックを入れてください。