※ 表記の価格は法人専用価格です。店舗等と違う場合があります。
  ※ 表記の在庫状況は目安です。納期に関しては、ご依頼後にご案内させていただきます。
  ※ 設置・リサイクル等、別途料金が必要となる事があります。
  ※ 予告無く、売り切れ・販売終了となる場合がございます。
  ※ 受注生産品や小規模メーカー品、少量生産品等は、
      発注時まで納期が確定しない、納期が未定となる場合があります。ご了承ください。

ハピネット
キヨウソウジヨウシコウ
狂走情死考
地の果てまで僕らは来たんだね…
通常価格 ¥3,410(税別)
JAN:4907953089631 
発売日 2017/12/02  配送在庫 お取り寄せ      店舗お渡しの在庫を確認
数量
地の果てまで僕らは来たんだね… 1968年10月21日国際反戦デー、新宿騒乱から生み出された暴動と破壊、旧態依然とした家族構造、封建的男性社会、そして自立する女性の姿を見事に捉えた若松メロドラマの頂点的作品。 同じく北へ向かうロードムービー『少年』(大島渚)の撮影と併行しながら行われたいわば双子的映画のため、大島映画常連俳優戸浦六宏が若松映画に初出演している。 若松プロピンク映画としては初のフルカラー作品。脚本は日本赤軍に合流し、国際指名手配された経験を持つ異端の映画作家、足立正生(出口出名義)。 ロックバンド、サニーデイサービスの名曲「青春狂走曲」は本作にインスピレーションを受けて生まれた。70年代に大論争を巻き起こした「風景論」の萌芽的作品と言われる。 【ストーリー】 活動家の左兵は機動隊との衝突で負傷し家に戻る。 そこで刑事である兄の勲と運動を巡って激しく口論し、揉み合いとなり、止めに入った勲の妻袖里が誤って銃を暴発させ勲を殺してしまう。 二人は雪が舞う中、北へ北へと逃避行を続けていく…

商品スペック
メーカー希望
小売り価格(税別)
オープン
型番 DIGS-1045
メディア DVD